とある学生起業家の奮闘記

幾度もの挫折を経験し、学生で起業するという選択をした男の実録奮闘記。

 

逆境に強い人がいるんじゃなくて、逆境が人を強くする。

酒は起業家の最大の天敵である

f:id:toarugakuseikigyoka:20160430171229p:plain

お久しぶりです。

二日酔いに見舞われておりました、不甲斐ない起業家でございます。

 

さて、今日はその二日酔いに紐つけまして、酒の脅威について綴ります。

 

 

二十歳を超えてお酒を嗜まれるみなさんは

1度はお酒で痛い経験をしたことがありますでしょうか?

 

おそらく一度はそういった経験をしたことがある、

またはそういう経験をしたご友人をお持ちのことかと思います。

 

 

 

もうご察しのことかと思いますが

私はあります笑

 

 

胸を張って言える武勇伝の類では決してないですが、酒に酔って痛い経験はしたことがあります。

 

今日はその実話から教訓を学びとってゆければと思います。

 

 

友人たちと起業して初めて事業が軌道に乗った時です。

私達は気が大きくなって、少々大きめの金額のお金を持ってバーに行きました。

 

それまで事業がスケールせずに思い悩んでいた我々にとってその日は人生で最も浮かれていた日であったのでしょう、ボトルを大量に開けました。

 

はじめの方は意識がしっかりとあるわけです。

で、どんどん飲めるんじゃあないかとさらに気が大きくなって次々悪魔の液体を胃に流し込むわけですね。

 

するとどうなるか。

 

次立ち上がった時に初めて普段と違う感覚を認識するわけです。

 

「あ、やばい」と。

 

こうなると問題は貴重品

 

 

現金や財布はまあ補充が効きますから問題ありません。

そう、PCですね。

 

開発データやらなんやらが入っているわけですよ。

 

クラウドにあげてバックアップとっとけよ

PCは会社に置いとけよ

 

いろいろ意見はあるでしょう。

でもスタートアップの時期って自前のPCで管理していたんです。

 

あと学生なので講義のデータも管理していたわけです。

 

 

さあ、大変!!

 

一緒に飲んでいた開発者の一人が恐ろしい事態に気づくわけです。

 

「あれ、PCは?」

 

そうなんです。

本当に愚かなことなのですが、6人中2人のメンバーがPCを紛失したのです。

※私は財布が消えました笑

 

日本でも置き引きってあるんです。

 

 

この時は背筋が凍りましたね。

パスワードかけてるとはいえ、顧客データやらが全部パーになるわけですから。

 

 

結局捜索に三日要し、捜索費用が無駄な経費として計上される結果になりました。

 

運良く質屋で見つかったのですが、取り戻すのにも無駄な費用となり

非常に高い「飲み会」に成ってしまいました。

 

 

それ以来酒には最新の注意を払っております。

 

さて、この愚かな実話ストーリー。

タイトルは起業はにとって酒は天敵と書かせていただきましたが、教訓を抽出すると、

 

  • 勝って兜の緒を締めよ(人間成功した時が本当に危険だから気を引き締めよう)
  • 酒の席には貴重品は持ち込まない(知らないうちに消えるのでカウンターなりに預けた方が賢明)

 

というところですね。

 

「俺は大丈夫」

「自分には関係ない」

 

と思ってる方ほど気をつけてください。

 

私もそう思ってた口でしたがこのザマです笑

 

今では笑い飛ばせる思い出ですが、当時は本当に倒産も覚悟したほどの大事件になっていましたから笑

 

皆さんもお酒の席では貴重品には気をつけてください!

本当に!!